身体の問題は

今は、水が消毒のお薬の時代なの

最近、なぜか皮膚科にいく機会がふえましてあたりまえだと、思っていたことが間違っていたり色々、皮膚科も進歩しているのね、と思っております。 例えば、昔は傷にはまず消毒してバンドエイド(ばんそこう)をはるのが、あたりまえだったのが、今は、消毒はしないで水でよくあらいバンドエイドまたは、ガーゼを当てるというのが主流なそうで、私が低温やけどした時も、床ずれおこした時も決して消毒のお薬は、いただきませんでした。 ですので皆様も、まずはお子様が怪我された時などは、最初はまずお水でよく洗ってあげてください。 他には、やけどの時などは水で冷やすのはもちろんですが、この寒い時期ずーとお風呂場で水で冷やしているわけにはいきません。 私はちょうど、夕食後にお茶をこぼしたのでもう皮膚科にもいけず、その日は一晩中アイスノンで冷やしました。 おかげで、大きな水ぶくれはできましたが、後は残らず皮膚科の先生にも処置がよかったね、とほめられました。

皮膚科にいくことによってえられたもの

という感じで、皮膚科に通うことで色々自分でも考えたり、先生や看護師さんに教わったりしたことなどを利用して生活しております。 先日も傷を作り縫ったのですが、やはりお風呂はNGといわれましたが、この寒い時期冷え症の私にとってお風呂に入れないことは地獄・・・ そしていけないことですが、今までの経験をもとに(皆さんは絶対に真似しないでください)まず「ドレッシングテープ」なるものを傷口にはり、その上にもサランラップをしきサランラップの上下は「ドレッシングテープ」できれいに貼ると水が入らなくなります。 ということで、無事にお風呂に入れ、無事に傷も完治いたしました。 「ドレシングテープ」なんて私も最近、初めて知ったのですが、皮膚科に行くことで色々知識を得て生活にいかしております。