爪に出来る病

爪水虫は、多くの人が思い浮かべる足水虫とは違い、爪に出来てしまう水虫です。
水虫は、湿気と空気の流れの滞る場所に出来るため、そういった箇所があれば体中の至る所に現れます。
体にできる水虫をたむし、特に服と下着を着るため湿気が溜まりやすい股部にできる水虫を、いんきんたむしと別名で呼ばれているのです。
頭にこうしたできる場合もあるため、いかにこの水虫、白癬菌が人の体に害を及ぼしやすいかが分かるでしょう。
人の体は常時皮膚呼吸とともに、ほぼ気化した汗を発するため、衣服を着用する場合に風通しの悪い場所があれば、そこから繁殖してしまう場合があるため、注意が必要なのです。
こうした白癬菌が皮膚で繁殖する理由として、人の皮膚や爪にあるケラチンを摂取しているためとされています。
爪のような硬質な場所にこの爪水虫が発生する理由も、爪のケラチンを餌として繁殖しているためであり、皮膚とは違い神経の通っていない爪水虫は、進行しても何の異変も感じないという厄介な特性を持っています。
爪水虫が進行すると、白や黄色く爪が濁ってゆくため、見た目から判断を行なうことができるでしょう。
自覚症状が現れないからといって放っておくと、どんどん爪を侵食してゆき、ついには足の爪をボロボロの状態にしてしまうのです。

水虫だからと、市販の水虫治療薬を使用して治せば良い、と考える人も多くいることでしょう。
確かに市販の足水虫には、こうした薬剤にも効果をもたらしてくれます。
しかし、爪水虫は爪の裏側にできるものであるため、薬剤が浸透せず、満足な治療を行うことはできないでしょう。
そのため、皮膚科ではこうした菌に対しての抵抗力を高める薬を処方し、患者さんへと提供します。
飲み薬であるため、従来の患部に直接塗りこむ薬剤に比べ、効果が薄いのではと思われがちですが、こうした飲み薬は通常の塗り薬が効かない爪水虫に効果的なのです。
他にも、症状が進行した爪水虫に、ピンポイントでレーザーを当てて治療を行う方法も行われているため、症状にあわせた治療法を受けることができるでしょう。